ヤマガラの生態!画像や飼育できるのかについて9つのポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ヤマガラについてお伝えします。

 

皆さんはヤマガラという鳥をご存知でしょうか?

姿はスズメに似ていますがとても色鮮やかでキレイな鳥ですよ!

 

今回はヤマガラについて!

 

①ヤマガラの画像(写真)!
②ヤマガラの鳴き声の特徴は?
③ヤマガラの雛(幼鳥)の特徴は?
④ヤマガラのオスとメスの違いは?
⑤ヤマガラって飼う(飼育)ことができるの?
⑥ヤマガラは何を餌にしているの?餌付けのポイントは?
⑦ヤマガラの繁殖期はいつなの?
⑧ヤマガラの子育ての仕方ってどうなの?
⑨ヤマガラの寿命はどれぐらいなの?

 

以上9つのポイントでまとめました!

 

まずはヤマガラはどんな見た目なのか見ていきましょう!

 

ヤマガラの画像(写真)!

 

 

こちらがヤマガラです!

とてもきれいな見た目をしていますよね!

 

ヤマガラはスズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に属する鳥です。

 

キレイな見た目をしている鳥は雌雄の判別が容易なことが多いのですがこの鳥は雌雄同色です。

もしオスとメスの区別をどうしても付けたいと思ったら繁殖期にさえずりを鳴いている個体がオスという見分け方くらいしかありませんね…

 

ヤマガラの分布は韓国、北朝鮮、日本と私たちが住む近辺に留鳥として生息しています。

標高1500メートル以下の広葉樹林、山地から平地にかけて見られますが名前の由来は「山雀」で山に住んでいることを由来にしているんですね。

 

それではこのヤマガラはどんな風に鳴くのでしょうか?

 

次はヤマガラの鳴き声について見ていきましょう!

 

ヤマガラの鳴き声の特徴は?

 

ヤマガラの鳴き声は「ピピピー、ピピピー、ピピピー。」という感じの鳴き声ですね。

ピピピーでワンセットになっていて一度聞けば忘れないのでは?というような特徴的な鳴き声をしています。

 

そして繁殖期にオスが発する「さえずり」もまた特徴的なんですよ。

さえずりは「ピーピーツー、ピーピーツー。」とかなり広範囲にまで届きそうな鳴き声です。

 

林の近くを通ることがあったら耳を傾けてみると良いかもしれませんね!

 

繁殖期に鳴くということは勿論メスに向けた鳴き声ということが分かりますが、

無事ツガイになったヤマガラからはどんなヒナが生まれるのでしょうか?

 

次はヒナについてです!

 

ヤマガラの雛(幼鳥)の特徴は?

 

 

こちらがヤマガラの子どもですね!

成鳥のような色鮮やかさはまだ見られませんね!

 

全体的に白と褐色の二色で構成されていて橙色や水色っぽさも全く見えません。

 

幼鳥時は成鳥のような特徴を持っていないというのはよくある話なんです。

巣立ちをして成熟に近づくにつれて自然と色合いが変わっていくという流れなんですね。

 

それでもやはり幼鳥はどの鳥でも愛らしいですね!

こんなかわいい鳥なら是非家で飼育してみたいという方も少なくないのではと思います。

 

次は実際飼育できるのかどうかという点についてお話していきます!

 

ヤマガラって飼うことができるの?

 

野鳥を飼育してみたい!

 

そう思う方はどの鳥でも少なくないと思いますが、残念なことにヤマガラは鳥獣保護法で飼育が禁止されています。

よく野鳥を保護したなんてお話を聞くことがありますが、保護の場合も動物病院等に相談して今後の動きを決まるようにお願いします。

 

迷子に見える幼鳥も実は親鳥が近くで独り立ちを見守っているなんてこともあるんです。

ここら辺を踏まえた上で保護等の判断も慎重に行うように心がけましょう!

 

残念ながらヤマガラは飼育は禁止されているんですね…

しかし肩を落とすのはまだ早いですよ!

 

ヤマガラは人懐っこく、野生のものでも手から餌を食べることもあるようです!

 

一体なにを上げたらヤマガラは喜ぶのでしょうか?

 

次はヤマガラの食生活を見てみましょう!

 

ヤマガラは何を餌にしているの?餌付けのポイントは?

 

ヤマガラは季節によって食べるものが異なります。

 

基本的に冬は果実などの植物食を、夏は昆虫などの動物色を食べています。

やはり繁殖期に栄養価の高いものが必要なんですね!

 

さてここで餌付けのポイントですが、基本的に餌付けが成功しやすいのは冬の方らしいです。

夏場は食べるものがたくさんあるので危険を冒してまで人間の手の上の餌は食べないらしいですね!

 

ヒマワリの種等植物の種を自分の周りに撒いて少しずつ慣れさせてから最後に手の上の餌にまで来てもらうのが餌付けのポイントです。

慣れると餌が載っていなくても手の上に来るようですよ!

そうなったら惚れてしまうこと間違いなしですね!

 

飼育はできなくても近くで見守ることはできそうで安心しましたね!

 

次はヤマガラがいつ頃繁殖期を迎えるのか探っていきましょう!

 

ヤマガラの繁殖期はいつなの?

 

ヤマガラの繁殖期は3~6月です。

夏に繁殖期を迎える鳥たちの中でも比較的涼しい時期だと言えますね。

 

一度の繁殖期に3~8個の卵を産み落とします。

 

ヤマガラは特に子育てに特徴があるわけではありませんが、とてもきれい好きなんです!

というのもヒナが生まれた後ヒナのフンを毎回掃除しているんですね。

樹洞にコケや獣毛を用いた皿状の巣を作ります。

 

抱卵の時期はオスとメスの役割がしっかりと別れていますがヒナが生まれた後はオスとメスで共同して子育てに励みます。

 

オシドリ夫婦って感じで微笑ましいですよね!

 

さあ、次で最後になりました!

 

最後はヤマガラの寿命についてです!

 

ヤマガラの寿命はどれぐらいなの?

 

ヤマガラの最高寿命はおよそ10年だと言われています。

 

サイズ的に決して大きくないヤマガラにとって10年というのはとても長生きだと思いますよ!

自然界は私たち人間には想像もつかないくらいに険しい世界です。

 

このヤマガラのような小さい鳥にとっては一年生きることすら大変に難しいことなんです。

 

きっと10年生きたヤマガラは仙人のような鳥だったに違いありませんね!

 

以上でヤマガラの紹介が終わりました!

今までヤマガラという鳥を知っていた方も知らなかった方もより詳しくなれたと思います。

 

それではここからはあるまとめに入っていきましょう!

 

まとめ

 

今回の記事では!

①スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に属する鳥!色鮮やかな体色が特徴!
②遠くまで響くさえずり!「ピーピーツー」と特徴的な声でメスを呼びます!
③幼鳥時は成長とは全く違う!白と褐色の地味な見た目!
④飼育は禁止!保護したらまず動物病院に連れて行ってあげましょう!
⑤夏場は動物色、冬場は植物食!手乗りの餌付けは冬場がおすすめ!
⑥3~6月が繁殖期!きれい好きで夫婦協力して子育てしています!
⑦最高10年の寿命を誇る!同サイズの他の鳥よりも長生き!?

 

以上7つのポイントでヤマガラについてまとめました!

 

いかがでしたか?

 

私たちが普段何気なく過ごしている日常には私たちの知らない鳥がまだまだたくさんいます。

この記事を読んで少しでも野鳥に興味を持っていただけたら嬉しいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です