【オオセッカ(野鳥)の生態!】鳴き声や絶滅危惧種について等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

本日は、オオセッカの生態についてまとめていきたいと思います。

 

オオセッカは雀によく似た鳥で、絶滅危惧種に認定されている鳥でもあります。

あなたはオオセッカについて詳しくご存じですか?

 

今回は、オオセッカについてのポイント、

①オオセッカの画像(写真)!特徴は?絶滅危惧種なの?英語名はなに?個体数はどれくらいなの?
②オオセッカの生息地(分布)はどこなの?冬越しはどこでするの?どの季節で見ることができる?
③オオセッカの寿命はどれぐらい?繁殖期はいつなの?
④オオセッカの雛(幼鳥)の特徴は?最大でどれくらいの大きさ(体長)に成長するの?
⑤オオセッカの鳴き声(さえずりや地鳴きとも)の特徴は?
⑥オオセッカは何を餌にしているの?
⑦オオセッカの性別雌雄(メスオス)の見分け方は?
⑧オオセッカとセッカやオオヨシキリとの違いはなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

それでは、オオセッカの写真(画像)を見ていきましょう!

 

オオセッカの画像(写真)!特徴は?絶滅危惧種なの?英語名はなに?個体数はどれくらいなの?

 

 

オオセッカは「Japanese Marsh Warbler」「Pryer’s grass warbler」などの英語名がつけられています。

 

オオセッカは絶滅危惧種に認定されている鳥です。

 

オオセッカは確認されている数では400匹弱ほどの個体数です。

オオセッカは日本でも確認されていますが、とても観測数が少ない鳥のようですね。

 

次は、オオセッカの生息地(分布)はどこなのかについてお伝えします。

 

オオセッカの生息地(分布)はどこなの?冬越しはどこでするの?どの季節で見ることができる?

 

オオセッカは日本では青森県や宮城県、千葉県などに生息しています。

 

個体数はとても少ないですが東京でも観測されています。

何気なく見かける鳥もオオセッカだったりするかもしれません。

 

オオセッカは太平洋側で冬を超えます。

 

オオセッカは主に夏に観測することができます。

 

それでは次に、オオセッカの寿命はどれぐらいなのかをお伝えします!

 

オオセッカの寿命はどれぐらい?繁殖期はいつなの?

 

オオセッカは鳥の中では短命な方になります。

オオセッカは普通の鳥のように数年で寿命を迎えてしまうそうです。

 

オオセッカは夏に青森県や茨城県などの東北地方で繁殖期を迎えます。

オオセッカは日本では東北などの寒い地方で繁殖を行うようですね。

 

 

次に、オオセッカの雛(幼鳥)の特徴についてお伝えします。

 

オオセッカの雛(幼鳥)の特徴は?最大でどれくらいの大きさ(体長)に成長するの?

 

オオセッカの雛は、茶色を軸として黒の斑点と白いお腹の模様が特徴的です。

オオセッカは雛から生体に成長する際に容姿の変容はしません。

 

オオセッカは体長11-14センチメートルまで成長します。

スズメよりも一回り大きな鳥になります。

 

それでは、オオセッカの鳴き声(さえずりや地鳴きとも)の特徴についてお伝えします!

 

オオセッカの鳴き声(さえずりや地鳴きとも)の特徴は?

 

オオセッカはジュクジュクと連続して鳴いたり、クルルルルルと鳴いたりします。

オオセッカの鳴き声は季節を感じやすい鳴き声です。

 

次は、オオセッカは何を餌にしているのかについてお伝えします。

 

オオセッカは何を餌にしているの?

 

オオセッカは木の実や植物は食べません。

 

オオセッカはコオロギやクモなどの昆虫を捕食しています。

オオセッカは肉食の鳥のようですね。

 

次は、オオセッカの性別雌雄(メスオス)の見分け方についてお伝えします。

 

オオセッカの性別雌雄(メスオス)の見分け方は?

 

オオセッカは雄雌両方とも同じような模様をしているので見分けるのは非常に困難です。

オオセッカを観測できても雄か雌かは判断できないという事ですね。

 

オオセッカは雄が求愛行動で鳴くため、繁殖期に鳴いているオオセッカは雄の可能性が高いです。

 

オオセッカは育児も雄雌が率先して行います。

 

オオセッカの雌はエサ探しをさぼる傾向にあるようですね。

 

最後に、オオセッカとセッカやオオヨシキリとの違いをお伝えします!

 

オオセッカとセッカやオオヨシキリとの違いはなに?

 

オオセッカはオオヨシキリと比べて激しく縄張り争いをする傾向がります。

草むらから飛び出して縄張りの上を激しく飛び回ります。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

オオセッカのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①オオセッカの画像(写真)!特徴は?絶滅危惧種なの?英語名はなに?個体数はどれくらいなの?

「Japanese Marsh Warbler」「Pryer’s grass warbler」などの英語名がつけられています。

絶滅危惧種に認定されている鳥で、確認されている数では400匹弱ほどの個体数です。

 

②オオセッカの生息地(分布)はどこなの?冬越しはどこでするの?どの季節で見ることができる?

オオセッカは日本では青森県や宮城県、千葉県などに生息しています。

個体数はとても少ないですが東京でも観測されています。

オオセッカは太平洋側で冬を超えますが、主に夏に観測することができます。

 

③オオセッカの寿命はどれぐらい?繁殖期はいつなの?

オオセッカは鳥の中では短命な方になります。

オオセッカは夏に青森県や茨城県などの東北地方で繁殖期を迎えます。

 

④オオセッカの雛(幼鳥)の特徴は?最大でどれくらいの大きさ(体長)に成長するの?

オオセッカの雛は、茶色を軸として黒の斑点と白いお腹の模様が特徴的です。

体長11-14センチメートルまで成長します。

 

⑤オオセッカの鳴き声(さえずりや地鳴きとも)の特徴は?

オオセッカはジュクジュクと連続して鳴いたり、クルルルルルと鳴いたりします。

 

⑥オオセッカは何を餌にしているの?

オオセッカはコオロギやクモなどの昆虫を捕食しています。

 

⑦オオセッカの性別雌雄(メスオス)の見分け方は?

オオセッカは雄雌両方とも同じような模様をしているので見分けるのは非常に困難で、育児も雄雌が率先して行います。

オオセッカの雌はエサ探しをさぼる傾向にあるようですね。

 

⑧オオセッカとセッカやオオヨシキリとの違いはなに?

オオセッカはオオヨシキリと比べて激しく縄張り争いをする傾向がります。

草むらから飛び出して縄張りの上を激しく飛び回ります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)