アカヒゲの生態!鳴き声や寿命等7つのポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、アカヒゲについてお伝えします。

 

 

皆さんはアカヒゲという鳥をご存知ですか?

 

日本にしかいないという珍しい種類の鳥なんですよ!

綺麗な橙色の体は落ち着きがあり和と呼ぶにふさわしい色です。

 

今回はそんなアカヒゲについて!

①アカヒゲの画像!
②アカヒゲの鳴き声(さえずり)の特徴は?
③アカヒゲの雛(幼鳥)の特徴は?
④アカヒゲのオスとメスの違いは?
⑤アカヒゲは何を餌にしているの?
⑥アカヒゲの繁殖期はいつなの?
⑦アカヒゲの寿命はどれぐらいなの?

 

以上7つのポイントでまとめました!

まずはアカヒゲの写真をお見せします!

 

アカヒゲの画像!

 

こちらがアカヒゲです!

 

名前から赤いひげの模様があるのかと思っていましたが体が赤くひげが黒いんですね!

 

アカヒゲは鳥網スズメ目ヒタキ科に属する鳥です。

 

冒頭述べた通り日本にしか住んでいない特産種なのが大きな特徴ですね!

男女列島、種子島、トカラ列島、奄美大島、徳之島、沖縄島北部に分布しています。

 

見た目はばっちりですね!

 

次はアカヒゲの鳴き声について見てみましょう!

 

アカヒゲの鳴き声(さえずり)の特徴は?

 

アカヒゲのさえずりはウグイスに似ていてとてもきれいですよ!

「ピーックララクララクララ」といったような鳴き声でよく通る鳴き声です。

 

よく茂った森に住んでおり木々に囲まれながら聞くさえずりは聞く人の心を穏やかにしてくれそうですね!

 

さえずりは求愛のためにオスが発する鳴き声ですが無事恋が実り生まれるヒナはどんな姿なのでしょうか?

 

次はアカヒゲの幼鳥についてです!

 

アカヒゲの雛(幼鳥)の特徴は?

 

アカヒゲの幼鳥は成鳥と比べると全体的に色がくすんでいます。

 

特に腹部は茶色が混じったまだら模様で森の中では見分けがつかないでしょう。

顔つきもどこか幼げ、あか抜けない印象で可愛いですよ!

 

成長と幼鳥の違いが分かったならオスとメスも見分けたいですね!

 

アカヒゲのオスとメスの違いは?

 

アカヒゲはオスとメスの気分け方が非常に簡単です!

 

ズバリ!ひげの有無です!

 

アカヒゲのメスはオスのひげである部分も白いので見た目の印象が全く違います。

 

見分けやすい鳥は観察していても楽しいですよね!

森に住むアカヒゲは何を食べているのでしょうか?

 

次はアカヒゲの食生活について!

 

アカヒゲは何を餌にしているの?

 

アカヒゲの食性は主に肉食です。

 

森ですから当然獲物は昆虫類等ですが、なんとゴキブリも食べています。

 

可愛らしい見た目をしているだけにショックですよね…

まだ不確定なようですが果実を食べることもあるようですよ!

 

いよいよ終盤になってきました!

 

次はアカヒゲの繁殖期についてです!

 

アカヒゲの繁殖期はいつなの?

 

アカヒゲの繁殖期は4~6月です。

 

この期間多い個体だと1繁殖期に2~3回産卵する者もいるというから驚きです。

 

繁殖期間中はツガイになる一夫一妻制のようですね!

 

次で最後になりました!

 

最後はアカヒゲの寿命について!

 

アカヒゲの寿命はどれぐらいなの?

 

アカヒゲの寿命ははっきりとした記述がありません。

 

というのも野鳥の寿命を調べ角べるのは難しいんです。

 

しかしスズメと似たような見た目であることから恐らく平均でも2~3年ではないかと思われます。

このくらい小さな野鳥だと生まれてから一年生きることが難しいされているんです!

 

以上で紹介が終わりました!

早速まとめていきましょう!

 

アカヒゲのまとめ!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アカヒゲの7個のポイントは!

①口回りにひげのある橙色の鳥!
②「ピーックララクララクララ」ウグイスに似た透き通った鳴き声!
③お腹がまだら模様な幼鳥!
④髭があるのがオス!ないのがメス!
⑤肉食性で主に昆虫を食べています!
⑥4~6月が繁殖期!
⑦恐らくですが、寿命は平均で2~3年だと推測しています!

 

いかがでしたか!

 

野鳥ってそれぞれ個性があって面白いですよね!

これを読んで野鳥に興味を持っていただけたら嬉しく思います!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です